絵本とわたしたち自身の価値観

絵本とわたしたち自身の価値観

絵本とわたしたち自身の価値観

絵本とわたしたち自身の価値観

毎日子どもに読み聞かせをしていると、今度は、どん な絵本を読んであげようかとわくわくしながら考えますね。 毎日読んでいると、子どもの様子で好みもわかってきます。 目をキラキラさせて、「次はどうなるの?」という表情で、絵本にかじりつくよ うなしぐさを見せたり、悲しい場面では「かわいそう」という表情になります。 そうかと思えば、しっくりいかない様子で、集中をしてくれない時もあります。 この絵本は好みではないのかな?と読みながら伝わり感じます。 親がこれはおもしろそう!喜ぶだろうと買って帰っても、あれ?と言う事も多々 あります。これは、どうなのかな?と思った絵本が、逆に子供に受けたり。 なかなか難しいですね。 その子どもの年齢でおすすめしている本を参考にしたり、好みをよく観察しなが ら、図書館や本屋さんで親子で絵本探しをするのもいいですね。 親子で絵本をさがすのも楽しいコミュニケーションになります。

尼崎の歯科は徳永歯科クリニック